コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディアデム ディアデムDiadème

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディアデム
Diadème

フランスの測地衛星ディアデムとは「王冠」のこと。入射した光線が必ずもとの方向に反射されるように 144個のレーザー光線反射板をもつ。 1967年2月8日に1号 (本体の重さ 23kg) がアルジェリアのアマギール基地から,ディアマンで打上げられた。続いて2号が同年2月 15日に軌道に乗り,地中海などを中心とした精密地図の作成に役立てられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のディアデムの言及

【アケメネス朝美術】より

…彫刻の主題は,宗教的,民衆的あるいは個人的なものはなく,原則としてアケメネス朝の帝王観(例,宇宙の支配者,神の子孫)に関係するもので占められている。例えば,古代イラン民族の伝統的テーマ〈王権神授〉(王権神授説)は,帝王がゾロアスター教の最高神アフラ・マズダから王権の象徴の環(ディアデム)を授与される光景によって表現されている。これはメソポタミアの円筒印章の王権神授,アッシリアの太陽神と帝王の図像の系譜を引いているが,ゾロアスター教の聖火を加えている点が新しい。…

※「ディアデム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディアデムの関連情報