コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測地衛星 そくちえいせい geodetic satellite

5件 の用語解説(測地衛星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

測地衛星
そくちえいせい
geodetic satellite

測地や正確な地図をつくる目的などに使われる衛星。既知の2つの地点と,未知の1点とから同時に衛星を観測すると,衛星の空間的な位置は,既知の2点からの方向線の交点として定まる。したがってその点と,地上の未知点での観測値から,三角測量的に,未知点の位置を定めることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そくち‐えいせい〔‐ヱイセイ〕【測地衛星】

地球の形状や、大陸間の距離、地殻の変動などを精密に測地するための人工衛星

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

測地衛星【そくちえいせい】

測地学的諸観測のために打ち上げられた人工衛星。初期のものには米国のアンナ(1962年),パジオス(1966年),およびフランスディアデム(1967年)などが,日本のものにあじさい(1986年)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そくちえいせい【測地衛星 geodetic satellite】

測地に利用する目的で打ち上げた人工衛星をいう。最初の測地衛星はアンナ(1962年打上げ)で,離れた地点から同時に光学観測ができるようにせん(閃)光を発する装置が備えられていた。その他測地衛星には,太陽光を明るく反射して観測を容易にしたもの(風船衛星パジオス),積んでいるトランスポンダーを介して地上から衛星までの電波の往復時間を測り距離を求める方式の衛星(シーコール,ビーコンなど),衛星から発射する電波周波数ドップラー偏移を地上で測ることで距離の変化率を求める方式のもの(トランシット),逆反射器を積んでいて地上からのレーザー光線を反射し,その往復時間から距離を求める衛星(ジオス,ディアデム)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

測地衛星
そくちえいせい

天文測量において自然の天体のかわりとして観測に使うため打ち上げられた人工衛星。初期のものは巨大な中空の球形で、それが太陽光線を反射して光るのを観測した。距離が天体よりはるかに近く、また運行速度も大きいので精密な観測に適していたが、最近のものは自ら電波を発射して地上の各観測点との間の距離を精密に測定できるようになっており、測地衛星の利用により地球上の任意の地点、たとえば大洋の真ん中や、大砂漠の中央などでも、その地点の地球上での位置を誤差2~3メートルの精度で決定できるようになった。とくに航海用衛星NNSS(海軍衛星航法システム)という6個一組の測地衛星は、6個のうちのいずれか一つからの電波を地球上のどこででも絶えず受信でき、その位置を正確に求められる。[尾崎幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の測地衛星の言及

【宇宙開発】より

…農業の作柄,森林の状態などの監視,地質学・水理学・海洋学のデータ収集,地図の作成など幅広い重要な分野にわたって利用されているが,他国の上空から情報を得ることの合法性といった点で問題を残しており,放送衛星の放送対象とともに宇宙法の争点の一つとなっている。
[測地,航行援助]
 地上で位置を求めるために,天体の代りに用いられるものが測地衛星である。測地衛星の試みは実用衛星の中では通信衛星とともに古く,1962年にはすでに登場している。…

【宇宙測地】より

… (1)人工衛星測量 1957年に人工衛星が初めて打ち上げられてから,これを空中の基準点として数千km離れた基準点間の位置関係を知る道が開けた。その後,測地利用を目的とした人工衛星も打ち上げられ,測地衛星と呼ばれている。初期には写真赤道儀というカメラを用いた三角測量方式が用いられ,後には電波やレーザー測距装置を用いた三辺測量方式(図参照)あるいは海上における双曲線航法と類似の方法が用いられている。…

【軍事衛星】より

…軍事目的に開発・使用される人工衛星システムをいう。その主要な用途は,偵察や監視などの軍事情報収集,通信や航法などの軍事行動の統制・支援,敵衛星や弾道ミサイルなどの要撃,および技術開発実験である。その歴史は1957年の世界初の人工衛星スプートニクSputnik打上げ直後に始まり,冷戦期間中はアメリカおよび旧ソ連が打ち上げた衛星総数の75%以上が軍事衛星と推定されている。システムは,衛星本体,打上げ施設,地上局,艦船,航空機などで構成される。…

※「測地衛星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

測地衛星の関連キーワードGEOS宇宙中継宇宙ロケット人工天体H-ⅡロケットOSCAR人工衛星保険子衛星東倉里ピギーバック衛星

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone