コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオドロス・シケロス Diodōros Sikelos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオドロス・シケロス
Diodōros Sikelos

[生]? シチリア,アギュリウム
[没]前21頃
古代ギリシアの歴史家。エジプトやローマに旅行し,『世界史』 Bibliothēkē historikēを著わした。全 40巻から成り,3部に分れる大作である。第1部は,エジプト,メソポタミア,アッシリア,ギリシアなどの神話時代を扱い,第2部は,トロイ戦争後から,アレクサンドロス3世 (大王) の死まで,第3部は,ユリウス・カエサルのガリア戦争の初期までとなっている。一部は断片であるが,ヘカタイオスエフォロステオポンポスアリストブロスクレイタルコスらの散逸した諸史料を含み,彼の著述した作品自体も貴重であるが,散逸した記述の復元の手掛りとしても重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ディオドロス・シケロスの関連キーワードアレクサンドロスメソポタミアアッシリアカリアスエジプト

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android