ディオニシー(英語表記)Dionisii

世界大百科事典 第2版の解説

ディオニシー【Dionisii】

1440ころ‐1502ころ
ロシアイコン画家。15世紀の後半に,A.ルブリョフの後をうけてモスクワ派絵画を発展させた。明確な年記と署名に裏づけられる唯一の作品として,ボログダ州のキリーロフ市付近のフェラポント修道院のウスペンスキー大聖堂に息子フェオドーシーFeodosii(1470ころ~16世紀初め)と制作した壁画大作(1500‐01)がある。そのほか,トレチヤコフ美術館蔵の3点のイコン――《キリスト磔刑》(1500ころ)および〈府主教アレクセイ伝〉〈府主教ピョートル伝〉――も,その作風から,彼の手になるものとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のディオニシーの言及

【ロシア・ソビエト美術】より

…代表作《聖三位一体》で知られるように,彼は宗教哲学的な象徴性をもった神秘的で優美な画風を確立した。その後継者と目される俗界出身の画家ディオニシーは,ルブリョフの伝統に新しい感覚を加えて登場し,美しい線と中間色の使用による抒情的な独特のスタイルをうちたてた。コンスタンティノープル陥落によって東方正教会の指導権がロシア正教会の手に移り,またロシアがモンゴル支配から完全に独立したころから,イコンの人物の容貌や背景が,それまでのギリシア的なものからロシア的なものに変わっていく。…

※「ディオニシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android