ディスプレイ業(読み)ディスプレイぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディスプレイ業
ディスプレイぎょう

デパートなど店舗の販売促進や博物館,各種展示場における教育啓蒙など,さまざまな目的で開かれる催し物の企画,設計,製作・施工,展示を請負い,催し物を総合的に構成・演出するサービス業をいう。江戸時代の「薬品会」がその発端といわれる。産業として成り立ったのは 1872年の内国勧業博覧会とされ,社会的に注目されはじめたのは 1970年に開催された日本万国博覧会以降といわれている。通産省の調査では,従業員 50人以下の中小企業が約 90%とその企業規模は小さい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android