ディック チェイニー

  • Dick Cheney

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
政治家,実業家 元米国副大統領・国防長官

国籍
米国

生年月日
1941年1月30日

出生地
ネブラスカ州リンカーン

本名
チェイニー,リチャード〈Cheney,Richard Bruce〉

学歴
ワイオミング大学〔1965年〕卒,ワイオミング大学大学院〔1966年〕修士課程修了,ウィスコンシン大学大学院博士課程

勲章褒章
自由勲章(米国大統領)〔1991年〕

経歴
青年時代をワイオミング州キャスパーで過ごし、1960年代末からワシントンへ。ドナルド・ラムズフェルド(元フォード政権・国防長官)のスタッフとして働き、’69年ニクソン政権の経済機会局特別補佐官として中央政界入り。ニクソン、フォード両共和党政権で要職を歴任、’75年11月〜’77年1月フォード大統領の首席補佐官に抜擢され、議会との連絡調整、カーター政権への政権移行などに活躍。’78年ワイオミング州から下院議員に初当選、2期目には共和党政策委員長、’88年には党下院院内幹事の要職に就く。この間、’87年イラン・ニカラグア秘密工作調査特別委委員。’89年3月ブッシュSr.政権下で米国国防長官に就任。’91年の湾岸戦争では大統領の戦争ブレーンとして活躍。’93年1月長官退任後は、P&GやTRWなどの役員を務める。’95年10月世界最大手の石油掘削会社ハリバートン社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。2000年8月共和党大会でブッシュJr.大統領候補の副大統領候補に指名され、12月当選。2001年1月副大統領に就任。SDI(戦略防衛構想)の擁護者として知られる。2003年3月のイラク戦争ではブッシュ大統領を支えた。2004年の大統領選でもブッシュ大統領候補の副大統領候補に指名され、再選。2005年1月2期目。2007年2月来日。2009年1月退任。新保守主義(ネオ・コンサバティブ=ネオコン)派。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディック チェイニーの関連情報