ディビッド ブルース(英語表記)David Bruce

20世紀西洋人名事典の解説

ディビッド ブルース
David Bruce


1855.5.29 - 1931.11.27
英国の細菌学者,病理学者。
元・英国陸軍軍医学校病理学教官。
メルボルン生まれ。
熱帯病の研究で有名。エジンバラ大学で学び、1883年英国陸軍軍医となる。1888年ドイツのコッホに師事。その後英国陸軍軍医学校病理学教官を5年間務めた。1887年マルタ熱の病原体をマルタ島で発見、1895年には睡眠病の病原体トリパノソーマをアフリカで発見したほか、1903年トリパノソーマをツェツェバエが媒介することを確認した。著書「Preliminary Reort on the Tsetse Fly Disease or Nagana in Zululand,Durban」(1895年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android