コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デイトレード day trade

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デイトレード

ある銘柄について、1日のうちに売買(空売りと買い戻しなども含む)を済ませ、損益を確定させる投資方烹「日計り商い」とも呼ばれる。ネット取引の増加によって、デイトレードに参入する個人投資家が急増。ネット上で取引成果を公開するサイトも花盛りだ。昨年12月のみずほ証券の誤発注で、20億円あまりをもうけた個人投資家もいた。ただ、証券業界では、安易なデイトレードへの参入が増えていることに、懸念を示す声もある。

(2006-01-26 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

FX用語集の解説

デイトレード

同日内の売買でポジションをクローズすることです。「日計り売買」「イントラデイ・トレード」などと呼ぶこともあります。当社の『外貨ネクスト』の場合、新規ポジションをその日の「ニューヨーク・クローズ」(翌日の午前7時。米国の夏時間の時期は翌日午前6時)までに反対売買にて決済された場合、「デイトレード割引」が適用され、決済売買にかかる手数料が免除(=往復手数料半額)となります。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

デイトレード【day trade】

一日のうちに売買を完了させて利鞘りざやを得るような、株式の取引手法。オンライン取引の普及により一般化したもの。デイ-トレーディング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デイトレードの関連情報