利鞘(読み)リザヤ

大辞林 第三版の解説

りざや【利鞘】

売買によって生じる差額利益。売買差益金。マージン。 「 -をかせぐ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

り‐ざや【利鞘】

〘名〙 取引市場で、売買取引によって得た差額の利益金。マージン。
※不在地主(1929)〈小林多喜二〉一「貸金の回収をうけると同時に、それを又売りして、そこから利ざやを━つまり二重に儲けてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android