利鞘(読み)りざや

精選版 日本国語大辞典「利鞘」の解説

り‐ざや【利鞘】

〘名〙 取引市場で、売買取引によって得た差額の利益金。マージン
※不在地主(1929)〈小林多喜二〉一「貸金の回収をうけると同時に、それを又売りして、そこから利ざやを━つまり二重に儲けてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「利鞘」の解説

り‐ざや【利×鞘】

取引で、売値と買値の差額によって生じる利益金。マージン。「利鞘を稼ぐ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android