コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカルコマニア デカルコマニアdecalcomania; transfer printing

1件 の用語解説(デカルコマニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカルコマニア
decalcomania; transfer printing

転写印刷ともいう。移絵 (うつしえ) のこと。主として陶器印刷に使う。転写紙には,デンプンゼラチン,卵白,アラビアゴムなどでつくった特殊糊を塗って,移絵用の剥離層とし,その面に,平版から逆の色調で印刷する。色刷りした転写紙を,バルサム,コーパルなどのワニスを表面に塗ってあるガラス,木材,金属などに張付け,紙の裏から水分を与えてはがすと,絵はそのままこれらの表面に残って転写される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のデカルコマニアの言及

【転写印刷】より

…平面でないものに印刷するとき,あらかじめ紙に印刷しておき,これを器物にはって印刷模様を移す方法。このとき使う紙を転写紙といい,この技術をデカルコマニアdecalcomaniaともいう。大量の陶磁器への絵付け,器物への商標・意匠つけに広く用いられる。…

※「デカルコマニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone