コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移絵 うつしえ

1件 の用語解説(移絵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うつしえ【移絵】

人物や花などの絵を色刷りにした子どもの玩具。これを水にぬらして腕や手の甲にはりつけると,絵が台紙から離れて肌に移り染まる。江戸末期には,木版刷りで入墨を模したものがあり,現在もテレビの人気番組やマンガの主人公などを扱った絵などが小物玩具として見られる。明治末期からは,陶磁器に模様印刷したものを転写する技術が応用され,印刷模様を皮膚や紙に移してはりつけるものが登場。その系統で,1955年前後からビニル製のシール状のものが売り出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

移絵の関連キーワード絵本千代紙絵紙絵奉書稚児姿南部塗色板色刷多色刷縮緬本

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone