コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転写紙 テンシャシ

デジタル大辞泉の解説

てんしゃ‐し【転写紙】

ゼラチン卵白などで作った特殊なのりを塗り、書画などを印刷してある紙。直接印刷できない陶磁器曲面に裏向きにはりつけ、のち紙をはがして印刷面を転写するのに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしゃし【転写紙】

ゼラチン・卵白・デンプンなどでつくった糊を塗った紙。転写印刷・石版印刷・移し絵などに用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の転写紙の言及

【転写印刷】より

…平面でないものに印刷するとき,あらかじめ紙に印刷しておき,これを器物にはって印刷模様を移す方法。このとき使う紙を転写紙といい,この技術をデカルコマニアdecalcomaniaともいう。大量の陶磁器への絵付け,器物への商標・意匠つけに広く用いられる。…

※「転写紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転写紙の関連キーワードジャンーピエール カシニョールカーボン印画法デカルコマニアポーセラーツ加熱転写印刷リトグラフ転写石版デンプン石版印刷布地印刷転写平版転写印刷熱転写移し絵

転写紙の関連情報