コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッケル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッケル

ムルタトゥリ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デッケル
でっける
Eduard Douwes Dekker
(1820―1887)

オランダの文学者。筆名ムルタテューリMultatuliで知られる。船長の子としてアムステルダムに生まれる。初め宣教師を志したが、のち商館に勤務し、1838年父の帆船でオランダ領東インド(インドネシア)に渡航した。ジャワ、スマトラ、スラウェシなどで東インド政庁職員として働き、52年アンボン島の副理事官、57年ジャワ島ルバック郡の副理事官に任ぜられた。彼は、植民地における強制栽培制度の過酷な搾取、現地住民の悲惨な生活、現地人理事官の不正に怒り、職を辞して帰国した。若くして詩や文学に傾倒し、ロマン主義やルソーの思想に影響され、正義にあこがれる彼は、帰国後、貧苦のうちに小説『マックス・ハーフェラール』をムルタテューリの筆名で発表し(1860)、ルバック郡住民の惨状を活写した。ことに1830年に開始された強制栽培制度の害悪を弾劾し、オランダ人の良心を覚醒(かくせい)させ、この非人道的な制度を廃止させるきっかけになった。晩年はドイツに住んで著作に従事した。[栗原福也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デッケルの関連キーワードマックス・ハーフェラールチプト・マングンクスモムルタトゥーリオランダ文学東インド党インド党

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android