惨状(読み)さんじょう

精選版 日本国語大辞典「惨状」の解説

さん‐じょう ‥ジャウ【惨状】

〘名〙 悲惨況。みじめな、あるいはむごたらしいありさま。いたましい様子。
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「一箇の人首台上にあり、眼を開き人を睨む、其状怪、西洋古賢を慕するに、此惨状を作りて怪ます、風俗の異も亦奇なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「惨状」の解説

さん‐じょう〔‐ジヤウ〕【惨状】

思わず目をそむけたくなるような、むごたらしいありさま。また、いたましいありさま。「事故現場の惨状」「難民の惨状を報じる」
[類語]窮状逆境苦境危地窮地窮境難局羽目危険危難危機危殆きたい虎口ここうピンチ物騒剣呑けんのん危ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android