惨状(読み)サンジョウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐じょう〔‐ジヤウ〕【惨状】

思わず目をそむけたくなるような、むごたらしいありさま。また、いたましいありさま。「事故現場の惨状」「難民の惨状を報じる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじょう【惨状】

むごたらしいありさま。いたいたしいありさま。 「事故の-を物語る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐じょう ‥ジャウ【惨状】

〘名〙 悲惨な状況。みじめな、あるいはむごたらしいありさま。いたましい様子。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「一箇の人首台上にあり、眼を開き人を睨む、其状惨怪、西洋古賢を追慕するに、此惨状を作りて怪ます、風俗の異も亦奇なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

惨状の関連情報