デマゴゴス(読み)でまごごす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デマゴゴス
でまごごす
demagogosギリシア語

市民・民衆(デーモス)の指導者を意味する古代ギリシア語。直接民主政のもとでは、民会に集まる多数の民衆が国政を決定したが、往々にして個人的野心の実現のために民衆に取り入って扇動的な弁論を行う政治家が出現しがちであり、とくにこうした政治家をさして用いられた。ペリクレスの死後、アテネの民会を牛耳(ぎゅうじ)って民主政治を衆愚政治に堕落させたと非難されているクレオン、クレオフォンKleophonらが有名。なお、デマゴゴスは、デマ(デマゴギー)の語源である。[前沢伸行]
『C・モセ著、福島保夫訳『ギリシアの政治思想』(白水社・文庫クセジュ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデマゴゴスの言及

【僭主】より

…民衆には中流市民,下層市民,さらに奴隷がいたが,貴族政に反抗するという点では僭主の座に野望を燃やす者たちと気持ちは一つであった。そこで僭主のほとんどは民衆指導者(デマゴゴスdēmagōgos)として現れ,民衆の支持のもとに貴族政を倒し,僭主の座に就くことができたのである。 僭主は,貴族の土地を没収して貧農に分かち,資金を貸し与えるなど下層農民の経済的な地位の改善に努めた。…

【デマ】より

…デマゴギーdemagogyの略。古代ギリシアにおけるデマゴゴスdēmagōgos(民衆の指導者,転じて民衆を扇動する政治家)による民衆操縦のための宣伝・扇動が原義である。デマは,その内容が事実の裏づけを欠く言説であることや,危機状況や社会不安を背景に伝播しやすいことなどから,しばしば流言と混同される。…

※「デマゴゴス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android