衆愚政治(読み)しゅうぐせいじ(英語表記)mobocracy

翻訳|mobocracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衆愚政治
しゅうぐせいじ
mobocracy

腐敗した民主政治形態の一つ。古代ギリシアにおいて,大衆の参加する民主主義は結局愚劣で堕落した政治に陥ると考えられた。なお,近代においても貴族主義者やエリート主義者は同じように考えてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

衆愚政治【しゅうぐせいじ】

浮動的な大衆が政治に参加して無方向・無政策的な決定を行う政治。アリストテレスは民主政治の堕落形態としてとらえ,ポリュビオスも〈政体循環論〉の中で同じ見解をとっている。前5世紀末ペリクレス死後にクレオンら扇動政治家の指導したアテナイの政治が典型とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうぐせいじ【衆愚政治】

愚かな民衆による政治。ペリクレス死後の堕落したアテネの民主政治をさしていった語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衆愚政治
しゅうぐせいじ
ochlocracy

古代ギリシアの民主政ポリスにおいて、参政権を獲得した大衆が烏合(うごう)の衆と化して無定見な政策の決定を行った政治。その典型とされる紀元前5世紀後半のアテネでは、ペロポネソス戦争の遂行にあたって、ペリクレス亡きあとクレオンをはじめとするデマゴゴスdemagogos(民衆指導者)が国政の最高決定機関である民会を牛耳(ぎゅうじ)って失策を重ね、やがて敗北に至った。こうした状況を厳しく批判したのがプラトンやアリストテレスらの思想家であり、彼らは、前5~前4世紀のアテネで実現された徹底した民主政治(民衆による支配)を下層の貧民による支配ととらえ、これを衆愚政治として批判したのである。同様の見解は、後のローマの歴史家ポリビオスの政治理論にもみられる。[前沢伸行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうぐ‐せいじ ‥セイヂ【衆愚政治】

〘名〙 自覚のない無知な民衆によって行なわれる政治。本来はペリクレス死後のアテネの政体をさす言葉で、プラトンやアリストテレスはこれを多数の貧民による支配とし、民主政の堕落した形態として批判した。ローマ時代のギリシアの歴史家ポリビオスも、堕落した民主政治をさして用いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衆愚政治の関連情報