コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュアル・カレンシー債 デュアル・カレンシーさいdual currency bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュアル・カレンシー債
デュアル・カレンシーさい
dual currency bond

二重通貨建債のこと。利息の支払いと債券償還を異なる通貨で支払う債券であり,1982年ユーロ市場に初めて登場した。国際的には払込み利払いがスイスフラン,償還が米ドルというケースが多く,アメリカ企業が高い金利を支払ってでも償還時の為替リスクを避けるために発行されている。日本では 85年6月に大蔵省によってユーロ円をデュアル・カレンシー債に組込むことが認められ,次いで日本国内の事業法人による発行も可能となった。払込みと利払いが円で,償還が米ドルのデュアル・カレンシー債は,他の円建普通債より利率が高く設定されるというメリットがあるが,償還時の為替レートがあらかじめ固定されるので,購入者が為替リスクを負担することになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

デュアル・カレンシー債

払い込みと利払いは円で、償還はドルなどの外貨で行われる債券。逆に、払い込みと償還が円で、利払いが外貨で行われる債券は、リバース・デュアル・カレンシー債(逆デュアル債)と呼ばれる。為替リスクが伴うが、比較的高い利回りの債券を発行することができる。一部にはオプションを組み合わせて、為替変動が一定幅を超えた場合には利払いや償還の条件が異なってくる商品もある。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

外国為替用語集の解説

デュアル・カレンシー債

払込みと利払いの通貨が同じで、償還の通貨が異なる債券。二重通貨債。日本の個人投資家向けに販売されている主流なデュアル・カレンシー債は、払込み=円建て、利払い=円建て、償還=外貨建てとなり、利払いの部分だけは為替リスクを負わず、元本部分は為替リスクを負っている。リバース・デュアル・カレンシー債(逆二重通貨債)は、払込み=円建て、利払い=外貨建て、償還=円建てとなり、為替リスクは利払い部分だけに限定される。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

デュアル・カレンシー債の関連キーワード外国債(外債)二重通貨建債外債

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android