コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュエム=マルグレスの式 デュエム=マルグレスのしきDuhem-Margules' relation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュエム=マルグレスの式
デュエム=マルグレスのしき
Duhem-Margules' relation

2成分の混合溶液がその蒸気相と平衡状態にあるとき,溶液の組成と,蒸気相における成分の分圧の関係を与える式。成分A,Bの分圧をそれぞれ PAPB ,溶液のモル分率をそれぞれ 1-xBxB とするとき,次式で与えられる。
この式はギブズ=デュエムの関係から導かれ,厳密には定温,定圧の条件でのみ成立するが,近似的には定温のみでも成立すると考えてよい。溶液を理論的に扱う場合,しばしば蒸気相の分圧が必要になるが,分圧を知るためには蒸気相の組成を知る必要がある。しかし本式を用いることにより蒸気相の全圧と溶液組成がわかれば分圧を計算することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュエム=マルグレスの式の関連キーワードマルグレスデュエム

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android