コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分圧 ぶんあつpartial pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分圧
ぶんあつ
partial pressure

混合気体において,各成分の気体が混合気体と同体積を占めたと仮定したときに示す圧力それぞれの成分気体の分圧という。たとえば混合気体の体積,温度をそれぞれ VT ,各成分気体の分圧,モル数をそれぞれ,P1P2,…,Pnn1n2,…,nn とすると理想気体状態方程式 P1Vn1RTP2Vn2RT,…,PnVnnRT ( R は気体定数) の成立する P1P2,…,Pn をそれぞれの成分気体の分圧という。分圧の総和が混合気体の示す圧力 (全圧 ) となる。すなわち P1P2+…+PnP (全圧) である。前述の各成分気体の状態方程式を加算すると,(P1P2+…+Pn)V=(n1n2+…+nn)RT が成り立つ。したがって PVnRT ( n は混合気体の総モル数) となる。これをドールトンの法則という。各成分気体が理想気体であり,分子間相互作用がないために,それぞれの分子がすべて独立に気体分子として働くと考えたとき得られる当然の結果である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐あつ【分圧】

混合気体の成分気体が、単独で全体積を占めると仮定したときの圧力。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

分圧【ぶんあつ】

混合気体において,その混合気体で占めている全容積をそれぞれの成分気体だけで占めるときに示す圧力。たとえば空気は窒素と酸素の体積の比が4対1であるから,1気圧の窒素の分圧は5分の4気圧,酸素の分圧は5分の1気圧となる。
→関連項目質量作用の法則ヘンリーの法則

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんあつ【分圧 partial pressure】

ある体積を占める気体混合物の圧力は,各成分気体が単独で同じ体積を占めるときに示すはずの圧力の和として与えられる。この各成分気体の圧力を分圧と呼ぶ。たとえば,空気はほぼ窒素4容,酸素1容の混合物だから,1気圧の空気中の窒素気体の分圧は4/5気圧,酸素気体の分圧は1/5気圧となる。混合気体の圧力が分圧の和で与えられるとき,〈ドルトンの法則〉に従うという。混合によって化学反応を起こす気体(たとえばアンモニアと塩化水素ガス)はこの法則に従わない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんあつ【分圧】

混合気体の各成分気体がそれぞれ独立に、同温度で混合気体と同体積を占めるときに示す圧力。 → 全圧

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分圧
ぶんあつ
partial pressure

混合気体をつくる成分気体が、ほかの成分を取り除いて、それ自身で全体積を占めたと仮定したときに示す圧力を、その成分気体の分圧という。すなわち混合気体中の成分気体の含まれている割合である。これに対し、このときの混合気体の圧力を全圧total pressureという。全圧は分圧の和に等しく、これらの間にはドルトンの法則が成立する。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

分圧の関連キーワードデューエム‐マルグレスの関係式ドルトンの気体の溶解の法則デュエム=マルグレスの式アマガー‐ルデュック則ドルトンの分圧の法則ポテンシオメータードルトンの蒸発則ホールデイン効果ギブスの規則ホールデーン酸素解離曲線ハイマンス分圧の法則吸着等量線ドールトン水蒸気蒸留航空医学血液色素真空乾燥クローグ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分圧の関連情報