コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュプイトラン拘縮 でゅぷいとらんこうしゅくDupuytren's Contracture

家庭医学館の解説

でゅぷいとらんこうしゅく【デュプイトラン拘縮 Dupuytren's Contracture】

[どんな病気か]
 手のひらや指の腱膜(けんまく)(腱をおおう膜)の肥厚と収縮によって、主として薬指や小指がしだいに曲がって変形する病気です。
 50~60歳で発症することが多く、5対1の割合で男性に多くみられ、半数以上は両手におこります。
 原因は不明ですが、手をよく使う職業の人や糖尿病、頸椎症(けいついしょう)などに合併しておこることが多いといわれています。
[症状]
 まず薬指、小指の手のひらの部分に結節(けっせつ)(かたいしこり)ができます。この結節は、ときに軽く痛むこともありますが、ほとんどは痛みをともないません。
 放置しておくと、結節の数と大きさが増し、連なって少しずつ手指の関節が曲がっていきます。
 足の裏や陰茎(いんけい)の皮下に同じような結節ができることもあります。
 薬指、小指の手のひらの部分に皮下結節があり、皮膚のひきつれがみられれば診断できます。ただし、古い傷あとと区別する必要があります。
[治療]
 指の変形が軽いうちは、手指を伸ばす装具をつけて矯正(きょうせい)できることがあります。
 指の曲がりが強く、動きにくくなると、手術が必要となります。手術で厚くなった腱膜を切除します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

デュプイトラン拘縮の関連キーワード手や手指の変形

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android