デュロン=プチの法則(読み)デュロン=プチのほうそく(英語表記)Dulong-Petit's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュロン=プチの法則
デュロン=プチのほうそく
Dulong-Petit's law

ほとんどの固体元素の原子熱は常温でほぼ 25J/K・mol≒6cal/K・mol≒3R に等しいという実験法則で,1819年 P.L.デュロンと A.T.プチによって見出された。例外の元素にはホウ素,炭素,ケイ素などがある。R は気体定数である。原子熱は比熱と原子量の積で,この法則は原子量の算定に利用された。統計力学によれば,等分配の法則を仮定するとこの法則が導き出される。しかし低温ではこの法則からの偏差が大きくなり,この偏差を理解するために固体比熱に関する量子理論が発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android