デュロン=プチの法則(読み)デュロン=プチのほうそく(英語表記)Dulong-Petit's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュロン=プチの法則
デュロン=プチのほうそく
Dulong-Petit's law

ほとんどの固体元素の原子熱は常温でほぼ 25J/K・mol≒6cal/K・mol≒3R に等しいという実験法則で,1819年 P.L.デュロンと A.T.プチによって見出された。例外の元素にはホウ素,炭素,ケイ素などがある。R は気体定数である。原子熱は比熱と原子量の積で,この法則は原子量の算定に利用された。統計力学によれば,等分配の法則を仮定するとこの法則が導き出される。しかし低温ではこの法則からの偏差が大きくなり,この偏差を理解するために固体比熱に関する量子理論が発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android