コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュロン=プチの法則 デュロン=プチのほうそく Dulong-Petit's law

1件 の用語解説(デュロン=プチの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュロン=プチの法則
デュロン=プチのほうそく
Dulong-Petit's law

ほとんどの固体元素の原子熱は常温でほぼ 25J/K・mol≒6cal/K・mol≒3R に等しいという実験法則で,1819年 P.L.デュロンA.T.プチによって見出された。例外の元素にはホウ素,炭素,ケイ素などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュロン=プチの法則の関連キーワード原子熱ノイマン=コップの法則発煙硫酸グラム原子元素記号デュロンプティの法則弗素ノイマンコップの法則元素のカモフラージュデュロン‐ブティの法則