コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュロン=プチの法則 デュロン=プチのほうそくDulong-Petit's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュロン=プチの法則
デュロン=プチのほうそく
Dulong-Petit's law

ほとんどの固体元素の原子熱は常温でほぼ 25J/K・mol≒6cal/K・mol≒3R に等しいという実験法則で,1819年 P.L.デュロンと A.T.プチによって見出された。例外の元素にはホウ素,炭素,ケイ素などがある。R は気体定数である。原子熱は比熱と原子量の積で,この法則は原子量の算定に利用された。統計力学によれば,等分配の法則を仮定するとこの法則が導き出される。しかし低温ではこの法則からの偏差が大きくなり,この偏差を理解するために固体比熱に関する量子理論が発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デュロン=プチの法則の関連キーワードアインシュタインの比熱式ノイマン=コップの法則デバイの比熱式固体の比熱格子比熱偏差法則

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android