コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子熱 ゲンシネツ

5件 の用語解説(原子熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんし‐ねつ【原子熱】

原子量比熱の積。1グラム原子の物質の温度を1度上げる熱量

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原子熱【げんしねつ】

単体の原子1モルの温度を1℃上げるために必要な熱量。元素の場合には,比熱原子量の積に等しい。金属元素の原子熱についてはデュロン=プティの法則がある。→ノイマン=コップの法則
→関連項目熱容量

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

げんしねつ【原子熱】

ある元素の原子1モルの温度を一度上げるのに必要な熱量。比熱に原子量を乗じて求める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子熱
げんしねつ

熱容量」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子熱
げんしねつ
atomic heat

原子量と比熱の積、すなわち1モルの物質の温度を1℃だけ上げる熱量をいう(単位はカロリーで表すのが普通)。原子熱容量ともいう。1原子気体(たとえば希ガス元素の気体)の原子熱は定容で3カロリー、定圧で5カロリーである。
 1819年フランスのデュロンとプチが、「固体元素の原子熱は常温付近ではほぼ一定である」というデュロン‐プチの法則を発表し、正しい原子量決定の有力な手段になったことはよく知られている。デュロン‐プチの法則は低温では成立しなくなるが、アインシュタインはこれを量子論的に解決し、アインシュタインの比熱式としてまとめている。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の原子熱の言及

【ノイマン】より

…29年にケーニヒスベルクの大学で鉱物学と物理学の教授となり,鉱物の比熱の研究や,結晶中や非晶質中での複屈折の研究を行った。31年,コップHermann Franz Moritz Kopp(1817‐92)とともに固体のモル比熱が近似的に成分元素の原子熱(1グラム原子に対する熱容量)の和に等しいというノイマン=コップの法則を見いだした。45年には,レンツの法則に基づいて誘導電流の法則を数学的に定式化し,ノイマンの法則を導出した。…

※「原子熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原子熱の関連キーワード温位分子容モル体積ラスモルタル定圧モル比熱定積モル比熱熱膨張率温態ふいごネール温度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone