コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュロン‐プチの法則(読み)でゅろんぷちのほうそく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュロン‐プチの法則
でゅろんぷちのほうそく
Dulong-Petit's law英語
loi de Dulong et Petitフランス語

固体の元素の原子熱、すなわちその元素の1グラム当りの比熱と原子量の積が、多くの元素で、通常の温度では、どれも6.2cal/deg(気体定数Rの約3倍)ぐらいの一定値になるという経験則。ジュロン‐プティの法則ともいう。1819年、フランスのデュロンとプチにより実験的にみいだされた。これを用いれば、実測で比熱さえ決定できればその元素の原子量が求められる。この法則はエネルギーの等分配則を仮定すれば求められる。狭い温度域でのみ成立する。この法則の適用されないものとして、ケイ素(3.8cal/deg)、炭素(1.8cal/deg)、硫黄(いおう)(5.4cal/deg)などがある。[戸田源治郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例