デラ・ベラ(英語表記)Stefano della Bella

世界大百科事典 第2版の解説

デラ・ベラ【Stefano della Bella】

1610‐64
イタリアの画家版画家。フィレンツェに生まれ,彫刻家の息子であったが,J.カロが師事したR.カンタガリーナのもとで版画を学ぶ。1639‐50年のパリ滞在中オランダを旅行(1646)。帰国後,コジモ・デ・メディチの師となり,その間,1000点余りの風景と祝典を中心とした銅版画を制作。初期には,カロの影響を強く受けたが,のちには,柔らかい筆触で対象を動的にとらえる画法確立。また自然描写遠近法を生かした絵画的効果は,戸外制作やレンブラントなどオランダの画家の影響に負うところが大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android