コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デラ・ベラ Stefano della Bella

1件 の用語解説(デラ・ベラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デラ・ベラ【Stefano della Bella】

1610‐64
イタリアの画家,版画家。フィレンツェに生まれ,彫刻家の息子であったが,J.カロが師事したR.カンタガリーナのもとで版画を学ぶ。1639‐50年のパリ滞在中オランダを旅行(1646)。帰国後,コジモ・デ・メディチの師となり,その間,1000点余りの風景と祝典を中心とした銅版画を制作。初期には,カロの影響を強く受けたが,のちには,柔らかい筆触で対象を動的にとらえる画法を確立。また自然描写や遠近法を生かした絵画的効果は,戸外制作やレンブラントなどオランダの画家の影響に負うところが大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デラ・ベラの関連キーワードアンリル・ナン[兄弟]尼子義久アンリ[4世]兼見卿記ルイ[13世]ルイ王朝様式アンリ本佐倉城田中勝介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone