コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリー,至徳の対象 デリーしとくのたいしょうDélie,objet de plus haute vertu

世界大百科事典 第2版の解説

デリーしとくのたいしょう【デリー,至徳の対象 Délie,objet de plus haute vertu】

フランス,ルネサンス期の〈リヨン派〉の詩人,モーリス・セーブ詩集。1544年刊。題名は〈理念l’idée〉のアナグラムで,理想の女性を賛美しようとする詩人の意図をあらわすとされる。構成は8行の序詞のあとに10行の短詩を449個並べ,寓意的な挿図を50個そのあいだに規則的に挿入した,きわめて意図的なものとなっている。セーブは年少の女流詩人ペルネット・デュ・ギエに恋したが,ここにおいては対象の女性は詩人の内心において美化観念化され,それとの精神的な合体を詩人はねがって,希望と苦悩のさまざまな局面を経めぐったのち,やがて愛の不滅についての確信にいたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報