コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリー,至徳の対象 デリーしとくのたいしょうDélie,objet de plus haute vertu

世界大百科事典 第2版の解説

デリーしとくのたいしょう【デリー,至徳の対象 Délie,objet de plus haute vertu】

フランス,ルネサンス期の〈リヨン派〉の詩人,モーリス・セーブ詩集。1544年刊。題名は〈理念l’idée〉のアナグラムで,理想の女性を賛美しようとする詩人の意図をあらわすとされる。構成は8行の序詞のあとに10行の短詩を449個並べ,寓意的な挿図を50個そのあいだに規則的に挿入した,きわめて意図的なものとなっている。セーブは年少の女流詩人ペルネット・デュ・ギエに恋したが,ここにおいては対象の女性は詩人の内心において美化観念化され,それとの精神的な合体を詩人はねがって,希望と苦悩のさまざまな局面を経めぐったのち,やがて愛の不滅についての確信にいたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android