コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルフィーニ Delfini, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デルフィーニ
Delfini, Antonio

[生]1907.6.10. モデナ
[没]1963.2.23. モデナ
イタリアの小説家。ファシズムを風刺して弾圧にあい,作品は第2次世界大戦後に発表されたものが多い。主著『バスカの思い出』 Il ricordo della Basca (1939,新版 56) ,『短編集』 Racconti (63) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デルフィーニ
でるふぃーに
Antonio Delfini
(1908―1963)

イタリアの小説家。モデナ市出身。独学。20歳で個人新聞を刊行、発禁にあう。代表作『バスクの女』(1938)や『バッティモンダの光』(1940)などの短編集で、地方都市の生活を題材に、痛烈な皮肉と空想と優しさの入り混じる物語を書いた。パリでアンドレ・ブルトンを知り、自動筆記を試みる。ほかに短編集『消えたロジーナ』(1957)、詩集など。死後、再評価が始められた。[米川良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デルフィーニの関連キーワード6月10日

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android