データセット(読み)でーたせっと

日本大百科全書(ニッポニカ)「データセット」の解説

データセット
でーたせっと

一般にデータセットという場合、統計的機械学習などの分野において、標本空間から取り出された個々の標本(サンプル)の集合をいう。これに対して、個々の標本をデータ・ポイント、またレコード(データベースのように一つの標本が固定長のベクトルである場合)とよぶ。統計的機械学習の文脈で、「訓練データ」といった場合に、個々の標本をさすのか、それらの集合をさすのかがあいまいになることを避けるため、このように呼び分けている。

丸山 宏 2019年4月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「データセット」の解説

データ‐セット(data set)

コンピューターで処理されるデータのまとまり。ふつう、属性によって分類されたり、ある目的で集められたりしたデータが記録されたファイル群を指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「データセット」の解説

データセット

プログラムで処理されるデータのまとまりのこと。ファイルと同じ意味で使われることもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android