機械学習(読み)きかいがくしゅう(英語表記)machine learning

世界大百科事典 第2版の解説

きかいがくしゅう【機械学習 machine learning】

コンピューターやロボットなどの機械に自動的に概念や行動プログラムを学習させる研究分野。さまざまな分野で多岐にわたる手法が開発されているが,現状では,パラメーター調節などの特殊な場合を除いて,人間が直接知識を与える方法にまさる学習手段は開発されていない。 人間が教師役を務め,正解あるいは解答正誤を提示しながら進める教師ありsupervised学習と,機械が勝手に学習を進める教師なしunsupervised学習がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機械学習
きかいがくしゅう
machine learning

人工知能システムが,学習目標を例示した学習用データを与えるだけでみずからのふるまい方や知識を自力で獲得し,改良できるようにする手法。学習用データが,入力と出力(正解)の対の集まり(正解データ)として与えられる「教師あり学習」と,単なる入力事例の集まり(事例データ)として与えられるだけの「教師なし学習」に大別される。たとえば,音声認識システムを構築する場合,教師あり学習では入力音声信号波形とそれに対する聞き取り結果を合わせて与え,波形から所望の聞き取り結果を出力するための法則を推定させる。他方,教師なし学習では,入力事例を事例間の類似性や関連性の強さに基づいて互いによく似通ったデータの集まり(クラスター)に分け,クラスター間の関係づけとして事例データを構造化させる。正解データの収集が困難な際は,正解データと事例データを混在させることのできる「半教師あり学習」や,正解データの代わりに報酬で学習の手がかりを与える強化学習といった手法が用いられることもある。従来の人工知能研究において機械学習の手法は,統計的な学習アルゴリズムが定式化されてきたが,近年はニューラルネットワークによるディープラーニングが用いられることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

機械学習

コンピュータでデータを分析し規則性や法則を抽出すること,また,データから抽出された規則性や法則を用いてコンピュータに投入されたデータを自動的に分類すること.人間が行なっている様々な判断をコンピュータに肩代わりさせようとする試みとも言える.元来は人工知能分野で研究されてきたが,図書館情報学では索引語付与や分類記号付与などの課題に対して機械学習を応用する事例が増加している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の機械学習の言及

【自然言語処理】より

…たとえば,シソーラスには〈人間は哺乳類の一種である〉〈哺乳類は脊椎動物の一種である〉というような概念間の階層構造を網羅的に記述している。
[手作りから機械学習への展開]
 自然言語処理の実際の処理アルゴリズムは探索や知識,ヒューリスティックを利用する。知識は主として手作業で作られた情報を用いていたが,歴史的転回点が1990年代に訪れた。…

※「機械学習」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機械学習の関連情報