デービッド リー(英語表記)David Morris Lee

現代外国人名録2012の解説

デービッド リー
David Morris Lee


国籍
米国

専門
物理学者

肩書
コーネル大学教授 米国芸術科学アカデミー会員;米国科学アカデミー会員

生年月日
1931/1/20

出生地
ニューヨーク州ライ

学歴
ハーバード大学(物理学)〔1952年〕卒;コネティカット大学(実験物理学);エール大学

学位
博士号(エール大学)〔1959年〕

経歴
米国陸軍勤務を経て、1959年コーネル大学物理学講師、’60年助教授、’63年準教授、’68年より教授。’70年代初頭にコーネル大学の低温実験室で、D.D.オシェロフ、R.C.リチャードソンとともに、ヘリウム3が超低温で超流動を起こすことを確認。この発見は量子力学の解明を進め、高温超伝導や宇宙のビッグバン直後の状態の理論的解明に役立った。’96年オシェロフ、リチャードソンとともにノーベル物理学賞を受賞。

受賞
ノーベル物理学賞〔1996年〕 サイモン記念賞〔1976年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

デービッド リー
David Lee
バスケットボール

バスケットボール選手(ウォリアーズ)
生年月日:1983年4月29日
国籍:米国
出生地:ミズーリ州セントルイス
学歴:フロリダ大学
経歴:2005年ドラフト1巡目最下位の全体30位でNBAのニックスに入団。2年目の2006〜2007年シーズンに1試合平均10得点・10リバウンド以上をマークして以来、安定してダブルダブルを量産するパワーフォワードとして活躍。2009〜2010年シーズン、オールスターに初出場。2010年ウォリアーズへ移籍。2012〜2013年シーズンは2回目のオールスターに出場し、オールNBAチームのサードチームにも選出された。元々は左利きながら、高校時代に左腕を骨折したことがきっかけで両利きとなった。206センチ、109キロ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android