コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リチャードソン リチャードソン Richardson, Charles Lenox

27件 の用語解説(リチャードソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Charles Lenox

[生]?
[没]1862.9.14.
イギリス商人,生麦事件の犠牲者。中国に十数年滞在して 1862年帰国の途中観光のため日本に来遊,横浜在留のイギリス人生糸商人マーシャルアメリカ商社員イギリス人クラークと観光客ボロデール夫人とともに川崎大師へ馬で小旅行におもむく途中,島津久光の行列に会い,神奈川生麦でその家来の薩摩藩士に斬り殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Dorothy Miller

[生]1873.5.17. バークシャーアビンドン
[没]1957.6.17. ケント,ベックナム
イギリスの女流作家。「意識の流れ」の手法の創始者の一人。代表作は『とがった屋根』 Pointed Roofs (1915) に始る全 12巻の連作小説『巡礼』 Pilgrimage (38完結) で,中心人物ミリアムヘンダーソンの 17年間にわたる生活を追求して,心理の動きや経験の連続をそのままに記録していく手法のもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Henry Handel

[生]1870.1.3. メルボルン
[没]1946.3.20. サセックス,フェアライト
オーストラリアの女流作家。本名 Ethel Florence Lindesay Richardson。 1888年音楽を学ぶためドイツに渡り,のちイギリスに移り,生涯を外国で過した。 J.G.ロバートソン (のちロンドン大学教授) と結婚後,ピアニストになることを断念,著作に転じ,J.P.ヤコブセンや B.M.ビョルンソンら北欧作家の翻訳を出したのち,ライプチヒでの学生時代の体験に基づく処女作『モーリスゲストMaurice Guest (1908) を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Henry Hobson

[生]1838.9.29. ルイジアナ
[没]1886.4.27. ボストン
アメリカの建築家。 1859年にハーバード大学を卒業後,パリのエコール・デ・ボザールで建築を学び,65年に帰国。新古典主義からビクトリア朝ゴシック様式を経て,ロマネスク様式に移り,装飾性を排除して曲面と直線の簡潔な構成による独自の作風を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Jack

[生]1935.2.18. ニューヨーク
アメリカの劇作家。ギリシア演劇に材を取り,復讐を拒否するオレステスを描いた『蕩児』 Prodigal (1960) ,独房の死刑囚と死刑執行人の家庭を対照的に描いて生と死の意味を追究した『絞首台のユーモア』 Gallows Humor (61) などの作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, John

[生]1796.10.4. カナダ,フォートジョージ
[没]1852.5.12. ニューヨーク
イギリス系カナダの作家。 1821年のアメリカ=イギリス戦争で捕虜になった体験を生かし,歴史小説,戦記,叙事詩,旅行記などを多数著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Jonathan

[生]1665. ロンドン
[没]1745.5.18. ロンドン
イギリスの画家。 J.ライリーに師事し,重厚だがやや生硬な作風で主として肖像画を描く。ロイヤル・アカデミーの前身セント・マーティンズ・レーン・アカデミーの創立に参加。主要作品『ジョージ・バーテュー像』 (1738,ロンドン国立肖像画美術館) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Sir Owen Willans

[生]1879.4.26. デューズベリー
[没]1959.2.15. ハンプシャー,オールトン
イギリスの物理学者ケンブリッジ大学卒業。 1906年アメリカに渡りプリンストン大学教授。帰国後,ロンドンのキングズ・カレッジ教授 (1914) ,ロンドン大学名誉教授 (44) 。熱せられた金属からの熱電子放出に関する法則を見出し (リチャードソンの法則) ,真空管技術発展に重要な貢献をなし,今日の無線放送時代への端緒を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Sir Ralph

[生]1902.12.19. グロスター,チェルトナム
[没]1983.10.10. ロンドン
イギリスの俳優。 1921年にロンドンで初舞台,30~39年オールド・ビック劇団で多くのシェークスピア劇に出演。当り役ヘンリー5世フォールスタッフブルータスイアーゴーオセロなど。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Samuel

[生]1689.8.19. 〈洗礼〉マックワース
[没]1761.7.4. パーソンズ・グリーン
イギリスの小説家。初めロンドンで出版業者として成功したが,模範書簡集の編纂をきっかけに書簡体小説パミラ』 Pamela (1740) を書き,一躍名声を博した。この作品は,市民的道徳調と写実的描写によって新興市民層をとらえ,初期イギリス小説の最も重要な作品となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Tony

[生]1928.6.5. ヨークシャーシップリー
[没]1991.11.14. ロサンゼルス
イギリスの演出家,映画監督オックスフォード大学在学中に同大学演劇協会 OUDSの会長として演出を手がけていたが,1956年からイギリス舞台劇団の演出家としてロイヤル・コート劇場で『怒りをこめてふり返れ』 (1956) ,『結婚式メンバー』 (57) などを演出。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson

アメリカ合衆国,テキサス州北東部の都市。 1853年頃入植。 72年ヒューストンテキサスセントラル鉄道の通過が認められ,市街地が設計されるとともに当時の鉄道会社総裁の名を取って改名された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リチャードソン
リチャードソン
Richardson, Robert C.

[生]1937.6.26. ワシントンD.C.
アメリカ合衆国の物理学者。フルネーム Robert Coleman Richardson。1966年デューク大学で博士号を取得。コーネル大学準教授などを経て同教授。1970年代初めコーネル大学低温実験室においてデービッド・M.リーダグラス・D.オシェロフと共同で,ヘリウム3における超流動の研究にあたり,ヘリウム3を絶対温度 0.002Kまで冷却すると,液体の粘り気がなくなって容器の壁面を登り外へ流れ出る超流動を起こすことを確認した(→超流動ヘリウム3)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リチャードソン(Samuel Richardson)

[1689~1761]英国の小説家。道徳性を基調に市民の心理を写実的に描いた書簡体小説を発表し、英国近代小説の確立に寄与。作「パミラ」「クラリッサ」など。

リチャードソン(Tony Richardson)

[1928~1991]英国の演出家・映画監督。1956年にオズボーンの戯曲「怒りをこめてふり返れ」を演出し、文化現象として「怒れる若者たち」の口火を切った。1958年に同作の映画化で監督デビュー。独特のリアリズムで庶民ドラマを新鮮に描いた。作「長距離ランナーの孤独」「トム=ジョーンズの華麗な冒険」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リチャードソン

米国の物理学者。イェール大学卒,コーネル大教授。D.リーともに,ヘリウム3が絶対温度零度を0.002度上回る極低温で性質が急に変わり,相転移を起こし超流動になることを発見。

リチャードソン

英国の女性小説家。〈意識の流れ〉の手法を使った《とがった屋根》以下12巻の《巡礼》(1915年―1938年)があり,この種の手法の先駆者と見られている。

リチャードソン

英国の物理学者。ケンブリッジ大学卒後1906年渡米,プリンストン大学教授となり,1913年帰国してロンドン大学のキングズ・カレッジ教授,1924年王立研究所教授。

リチャードソン

英国の小説家。ロンドンで印刷業を営むかたわら書簡体小説《パミラ》(1740年―1741年)によって有名となり,以後《クラリッサ》7巻(1747年―1748年)によって英国全土にその名をはせ,社会的不公正,女性の抑圧を告発し,ブルジョア階級の世界観を喧伝した。
→関連項目写実主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

リチャードソン Richardson, Charles Lenox

1827-1862 イギリスの商人。
中国上海に在住し,文久2年(1862)帰国途次観光のため来日。同年8月21日横浜在留のハード商会員クラークらと騎馬で横浜郊外生麦(なまむぎ)村を通行中,鹿児島藩の島津久光の行列を横切ったとして,奈良原喜左衛門らに殺された(生麦事件)。35歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

リチャードソン

没年:文久2.8.21(1862.9.14)
生年:1834?
幕末のイギリス商人。生麦事件の被害者。上海で商売をしていたが,イギリスに帰る途中,日本に立ち寄った。文久2年8月21日(1862年9月14日)日曜日の午後,横浜のイギリス生糸商人マーシャル,イギリス商社員クラーク,ボロデール夫人(マーシャルの義妹)と一緒に横浜を出発,船で神奈川に行き馬で川崎方面に向かった。生麦(横浜市鶴見区)で上洛途次の薩摩藩の大名行列に出あい,その行く手を横切ったとして同藩士,奈良原喜左衛門に切られ即死。イギリスは幕府に10万ポンド,薩摩藩には2万5000ポンドと犯人の処刑を求め,翌年7月薩英戦争に発展,同年11月薩摩藩はイギリスに賠償金を支払った。以後両者の関係は急速に親密になっていく。<著作>『ヤング・ジャパン』(ねずまさし他訳)

(内海孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リチャードソン【Dorothy Miller Richardson】

1873‐1957
イギリスの女流作家。伝記的なことは,後期ビクトリア時代の閉鎖的な家庭に育ち,美術家アラン・オードルの妻であること以外ほとんどわかっていない。文学とは,経験によって豊かにされ,自覚的に集中した瞑想ができる人間の安定した意識の産物であるとの信念に基づき,同時代のM.プルースト,J.ジョイス,V.ウルフや文壇などとはまったく無関係に,独自に〈内的独白〉の手法を開拓した。職業婦人ミリアム・ヘンダーソンのおよそ17年間(1893‐1910)の生活を扱った《とがった屋根》(1915)から《ゆるやかな丘》(1938)に至る12巻の連作長編《巡礼》の創作に没頭した。

リチャードソン【Henry Hobson Richardson】

1838‐86
アメリカの建築家。南部ルイジアナ生れ。ハーバード大学,パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に学び,ボストン,シカゴなどで活躍する。ロマネスク建築を思わせる粗石積み,半円形アーチを好み,かつ自由な平面と外観,地方産の材料と構造を合理的に結びつけた作風を確立。ボストンのトリニティ教会(1877)の競技設計入賞で名声を得,マーシャル・フィールド商会(1887)で〈シカゴ派〉の先駆者となる。スタウトン邸(1883)は〈シングル(柿(こけら)板)様式Shingle Style〉の住宅建築の確立に貢献した。

リチャードソン【Owen Willans Richardson】

1879‐1959
イギリスの物理学者。1900年ケンブリッジのトリニティ・カレッジを卒業,キャベンディシュ研究所のJ.J.トムソンの下で高温物体からの電気の放出現象を研究,01年真空中の白金を用い,単位表面積から放出される電子数と温度との関係を示す実験式を提出した。06年招きによってアメリカのプリンストン大学に赴き,13年まで同大学で熱電子放出光電効果磁気回転効果についての研究を行った。13年ロンドン大学キングズ・カレッジのホイートストン物理学教授となり,同年,タングステンと高真空の使用によって,熱電子放出の原因が高温物体の物理的性質にあることを確証した。

リチャードソン【Ralph David Richardson】

1902‐83
イギリスの俳優。1921年初舞台。地方での活動を経てロンドンに登場し,J.B.プリーストリーの一連の劇の主役で評判となった。第2次大戦をはさんでオールド・ビックで演じたシェークスピア劇で実力を発揮し,《夏の夜の夢》のボトムや《ヘンリー4世》のフォールスタッフのような喜劇的な役と,マクベスや《あらし》のプロスペローのような深みのある役の両方を手がけた。他方,イプセンの諸作やグレアム・グリーンの《やさしい恋人》,H.ピンターの《だれもいない国》などの現代劇にも出演,死の直前まで現役であった。

リチャードソン【Samuel Richardson】

1689‐1761
イギリスの小説家。若いころロンドンの印刷屋の徒弟として修業,後に独立して著名な印刷業者となる。その間,生来のまじめさと勤勉によって世に認められ,一,二の劇作家とも交わり文壇と関係をもつにいたった。1734年に道徳的教訓書《徒弟奉公人必携》を著し,さらに《イソップ寓話集》に解説を加えたり,《模範書簡集》を企てたりした。40年その《模範書簡集》執筆中に一つの小説を思いつき,書簡体小説《パミラ》2巻(1740)を出版した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リチャードソン【Richardson】

〔Henry Hobson R.〕 (1838~1886) アメリカの建築家。ロマネスク風の石造の質感を表現した独特の作風。代表作にボストンのトリニティ教会、クインシーのクレイン図書館など。
〔Lewis Fry R.〕 (1881~1953) イギリスの気象学者。気象力学の基礎方程式に微分方程式の数値解法を適用して、数値予報の考えを初めて導入した。大気の乱流拡散についての研究もある。
〔Samuel R.〕 (1689~1761) イギリスの小説家。道徳性を根底に市民の日常的感情を、書簡体形式により写実的に描いた。近代小説の創始者の一人に数えられる。著「パミラ」「クラリッサ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリチャードソンの言及

【住居】より

…19世紀中ごろ,造園家ダウニングAndrew Jackson Downing(1815‐52)は,その著作活動を通じてチューダー朝およびイタリア風の建築・造園様式を紹介する一方,伝来の木造建築の特色――構造と仕上げの両面に表れたスティック(木造骨組部材)――を直接表現すべきであると説いて,アメリカ独自の木造住宅様式の創始を促した。南北戦争後は中規模住宅に新機軸が打ち出され,とくに柿(こけら)葺きの一種で,自在な平面計画とのび広がるマッス(量塊)の表現を特徴とするシングル・スタイルshingle styleは,ストートン邸(設計H.H.リチャードソン,1882‐83,ケンブリッジ)等の傑作を生んだ。19世紀末にはアカデミズムの立場からの反動が興って伝統復興を促し,この傾向はその後半世紀の間続く。…

【書簡体小説】より

…その先駆となるのは,長らく真実の書簡集と思われていたが今日ではフランスのギユラーグ伯の作と推定される,有名な《ポルトガル文》(1669)である。18世紀に入るとイギリスではS.リチャードソンの《パミラ》(1740),《クラリッサ・ハーロー》(1747‐48),T.G.スモレットの《ハンフリー・クリンカー》(1771),フランスではモンテスキューの《ペルシア人の手紙》(1721),ルソーの《新エロイーズ》(1761),ラクロの《危険な関係》(1782),ドイツではゲーテの《若きウェルターの悩み》(1774)など質・量ともに最盛期を迎え,バルザックの《二人の若妻の手記》(1841‐42),ドストエフスキーの《貧しき人々》(1846)などが流行の終りを飾る19世紀の傑作である。 17世紀後半から18世紀にかけての書簡体小説の出現は,ヨーロッパ諸国で道路網が整備され,郵便馬車による郵便制度が確立されるに伴って,手紙の交換がしだいに人々の日常生活の一部になるという社会的背景を基盤としている点では,セビニェ夫人の《書簡集》に代表される17世紀以降の書簡文学littérature épistolaireの隆盛とも無縁ではない。…

【パミラ】より

…イギリスの小説家S.リチャードソンの同名の書簡体小説(1740)の女主人公。主人の息子Bは女中パミラPamela Andrewsを情欲の対象とし,手練手管を弄して誘惑するが,パミラの操は固く,また賢く振るまい,ついにBは彼女を正式な妻とする。…

【ラブレース】より

…イギリスの小説家S.リチャードソンの書簡体小説《クラリッサClarissa》(1747‐48)に登場する放蕩者。ラブレースは貴族を伯父にもち家柄を誇るが,成上りの中産階級の娘クラリッサ・ハーローに目をつけ彼女を誘惑しようとする。…

※「リチャードソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リチャードソンの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リチャードソンの関連情報