デー・ルイス(読み)でーるいす(英語表記)Cecil Day Lewis

  • 1904―1972

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの詩人。アイルランド生まれ。オックスフォード大学卒業。1951~55年には母校の詩学教授、68年より桂冠(けいかん)詩人。30年代にはオーデン、スペンダー、マクニースらと社会派的な新詩運動をおこし、マルキシズムに接近したが、本質的には自己の内面の葛藤(かっとう)を普遍的な人間の問題として誠実に追究したロマンチックな叙情詩人であった。詩集には『羽根から鉄へ』(1931)以下『舞踊の時』(1935)、『言葉は万物の上に』(1943)、『イタリア訪問』(1953)、『ペガサス』(1957)を経て『囁(ささや)く根』(1970)まで多数ある。また自伝『埋もれた時代』(1960)、詩論『詩への希望』(1934)、『叙情的衝迫』(1965)や、古典の素養を生かしたウェルギリウスの『田園詩』『農事詩』の翻訳、少年小説の傑作『オタバリの少年探偵たち』、さらにニコラス・ブレークNicholas Blakeの筆名による『野獣死すべし』(1938)ほかの推理小説が20冊ほどある。

[土岐恒二]

『中桐雅夫訳『世界名詩集大成10 羽根から鉄へ』(1959・平凡社)』『永井淳訳『野獣死すべし』(ハヤカワ・ミステリ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android