コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ハエン Anton de Haën

1件 の用語解説(デ・ハエンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ハエン【Anton de Haën】

1704‐76
デ・ハーンともいう。オランダの内科医。オランダのハーグ生まれる。ライデン大学H.ブールハーフェ教授の門下で,G.ファン・スウィーテンから,ウィーン大学内科教授として迎えられた。臨床経験を重んじ,体温測定の励行や血液・尿の検査を行い,正確で詳細な病歴の記載は貴重な資料となった。有能な臨床家だったが,論争癖が強くて扱いにくく,打診法や人痘接種法など新しいものをきらった。著書に《実地臨床における医学の理論》14巻(1758‐73)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デ・ハエンの関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷ホラントオランダ海芋オランダ坂オランダ渡り海牙ジャックオランタンオランダ靴の秘密コクーンハーネス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone