コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥクピタ Tucupita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥクピタ
Tucupita

ベネズエラ北東部,デルタアマクロ准州の州都。オリノコ川河口の低湿な三角州の西部にあり,同川の主要分流マナモ川にのぞむ。 1885年建設され,周辺に産するトウモロコシ,バナナ,カカオ,サトウキビ,タバコなどの集散地となったが,1960年代なかば,マナモ川にダムが建設され,また准州内の石油産業が発展するとともに,市経済が大きく変った。現在市内に製油所があり,准州内の油田からパイプラインで送られてくる原油を精製する。ダムの上を通って,西のモナガス州の州都マトゥリン方面からの道路が通じている。人口4万 946 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android