コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥトモス1世 トゥトモスいっせいThutmose I; Thuthmosis I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥトモス1世
トゥトモスいっせい
Thutmose I; Thuthmosis I

古代エジプト第 18王朝3代目の王 (在位前 1525頃~前 1512頃) 。トゥトモシス1世とも呼ばれる。先王の娘と結婚して王位につき,即位2年後,エジプト南部ヌビアに遠征,ナイル第4急流の南カニサクルグスに国境を定め,金の採掘とクシュ王国の制圧をはかった。次いでシリアに転じ,ヒクソス人を追撃して,ユーフラテス川流域のカルケミシュ付近まで制圧。テーベのアモン神殿を改築,同神殿は相次ぐ増築により,現存する神殿中,世界最大のものとなった。また皇太子をメンフィスに送って軍事教育を受けさせたが,これは後代まで王家の習慣として残った。テーベの「王陵の谷」に埋葬された最初の王。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android