トゥパック・アマルー革命運動(読み)トゥパックアマルーかくめいうんどう

百科事典マイペディアの解説

トゥパック・アマルー革命運動【トゥパックアマルーかくめいうんどう】

ペルーの武装ゲリラ集団。略称MRTA。名称は18世紀末のインディオ反乱の指導者にちなむ。1960年代のAPRA党からの分派を前身とし,1980年に左翼政党が危機にさらされる状況下で結成。キューバ革命をモデルに反帝国主義・社会主義革命をめざし,都市を中心に農村でも活動。弾圧などにより1990年代に勢力を弱めたが,獄中の同志の解放などを求めて1996年12月リマで日本大使公邸占拠・人質事件を起こした。127日後にペルー特殊部隊に急襲されてゲリラ14名は全員射殺,人質71名が救出,人質1名と特殊部隊員2名が犠牲となった。→トゥパック・アマルー
→関連項目ペルー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android