コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルシー tulsī

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルシー【tulsī】

ヒンドゥー教,とくにビシュヌ派の人々が聖草とし崇拝の対象とする多年草。シソ科のメボウキの一種のカミメボウキOcimum tenuiflorum L.(=O.sanctum L.)で,英名sacred basil,holy basil。よく枝分れし,高さ30~60cm,茎の基部は木質化することがある。その葉はハッカの芳香をもち,咳止めなどの生薬としても用いられる。砂地に多く自生するが,信者は家の庭や沐浴場に砂の塚または石の鉢を設け,そこに植えたものに毎日プージャーをささげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥルシーの関連情報