トゥーレ協会(読み)トゥーレきょうかい(英語表記)Thule Gesellschaft

世界大百科事典 第2版の解説

トゥーレきょうかい【トゥーレ協会 Thule Gesellschaft】

1918年にミュンヘンで設立されたオカルト研究団体。創設者はゼボッテンドルフ男爵Rudolf von Sebottendorf(本名グラウアーRudolf Grauer,1875‐1945)。ギリシア・ローマ時代に知られた伝説上の極北の島ウルティマ・トゥーレをその象徴とした。協会は数十名の小組織であり,アーリア民族の優越性を魔術的に立証する研究を進めたが,会員に反ユダヤ主義を鮮明にしたエッカートDietrich Eckart(1868‐1923),ヒトラーらが加わったことから政治への影響力を持つに至った時期もあり,初期ナチズムの思想的背景の一部を形成したといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トゥーレ協会

1918年にドイツ、ミュンヘンで創設された秘密結社。ゲルマン騎士団を母体とするオカルト研究団体で、アーリア民族の文化的優位性を魔術・神秘学の側面から紐解くことを目的としたが、反ユダヤ主義者のディートリヒ・エッカルトらが入会して徐々に政治色を強め、ナチズムの思想に影響を与えたとされる。名称はアーリア民族の故郷とされる伝説の島ウルティマ・トゥーレに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android