トドノネオオワタムシ(英語表記)Prociphilus oriens

世界大百科事典 第2版の解説

トドノネオオワタムシ【Prociphilus oriens】

半翅目タマワタムシ科の昆虫。極東から東南アジアに分布するアブラムシで,体長4~5mm,腹部は白色綿状の分泌物に包まれ,その他の部分は暗灰色に見える。春はヤチダモの若枝や葉に群生して,葉を縮らせる。初夏にヤチダモを飛び去り,トドマツの根に移住する。和名のトドノネはこれに由来する。夏の間地下で繁殖し,晩秋に再び地上に出てヤチダモに帰る。夏の世代が造林のために植栽されたトドマツの苗木に寄生して,被害を出すことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android