コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪虫 ユキムシ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐むし【雪虫】

雪国で、早春の積雪上に現れて活動する昆虫。セッケイカワゲラ・ユキガガンボなど。
北海道や東北地方で、雪の降りだす季節に現れる小さな昆虫。リンゴワタムシなど。体に白い分泌物をつけて群れて飛び、雪が舞うように見える。わたむし。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ゆきむし【雪虫】

晩秋に道路や町中の家の軒下などをふわーと静かに飛ぶ白い小の北国での方言。雪のようだとも,この虫が飛ぶとやがて雪になるともいい伝えられている。東京では〈オオワタ〉とか〈シーラッコ〉と呼び,京都では〈白子屋お駒はん〉,大和その他で〈シロコババ〉,伊勢で〈オナツコジョロ〉,伊豆で〈シロバンバ〉,水戸で〈オユキコジョロ〉などの方言で呼ばれ,子どもたちがこの虫を追いかけて遊んだ。アブラムシ類の中でとくにワタアブラ亜科の仲間には白蠟物質を分泌する腺が多数あって,多く分泌されると体全体が白い綿で包まれたようになる種類の総称で,主としてワタアブラ属Eriosoma,ハマキアブラ属Prociphilus,ヨスジワタアブラ属Tetraneura,ゴバイシアブラ属Schlechtendaliaなどが,秋の寄主植物を離れて冬寄主へ移る移住飛翔(ひしよう)の際に目だちやすいので,江戸時代以降子どもの遊びの対象となったが,これを追って遊ぶことはしだいに忘れられていくようである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆきむし【雪虫】

雪国で、晩秋から初冬のころ出現するワタムシの俗称。リンゴワタムシ・ナシワタムシなど。 [季] 冬。 〔白い綿状の分泌物をつけて群れ飛ぶさまが雪の降るように見えるからとも、この虫が飛ぶと雪が近いからともいう〕
雪国で、早春に雪の上で活動する種々の昆虫の俗称。トビムシ・カワゲラ・ガガンボなどの類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雪虫 (ユキムシ)

動物。アブラムシ科の昆虫の俗称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の雪虫の言及

【トドノネオオワタムシ】より

…夏の世代が造林のために植栽されたトドマツの苗木に寄生して,被害を出すことがある。 ワタムシの仲間はいずれもその名のように綿状の分泌物を体にまとうので,晩秋の移住のために緩やかに飛ぶ有翅虫は,北国では冬の訪れを告げる風物詩として知られ,ユキムシ(雪虫)と呼ばれる。オオワタ,シロバンバの俗称もある。…

※「雪虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雪虫の関連キーワードケサランパサラン天山の巫女ソニンセッケイムシワタムシユキムシ桜木紫乃林檎綿虫初冬動物綿虫雪国

雪虫の関連情報