コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トナル岩 トナルがんtonalite

1件 の用語解説(トナル岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

トナル岩

石英閃緑岩(quartz diorite)と密接に関係する粗粒な深成岩で,黒雲母と角閃石を有色鉱物として含み,長石ではアンデシンが最も多く,副成分として石英を容量比で5~10%含んでいる[vom Rath : 1864].少量の正長石がマイクロペグマタイトとして存在するが,ヨハンセン鉱物容量比による区分では,トナル岩花崗閃緑岩よりも正長石量が少ないものとしている[Johannsen : 1932].使用法は様々で,ブレガーはトナル岩は石英閃緑岩と同義としているが[Brögger : 1895],ベイリーは正長石が長石量の1/3以下のものとしている[Bailey & Maufe : 1916].SiO2に乏しい鉱物として黒雲母の量が多いが,多少の石英が含まれ,全SiO2量はかつて酸性岩と中性岩の境とされた66%よりもあまり高くない.北米では石英が20%以上のものを意味しているが,英国では石英が少量のものをいう.少量の正長石が存在するが,花崗閃緑岩におけるよりも少ない.イタリアチロル地方のトナル山(Monte Tonale)に因む.石英閃緑岩(quarts diorite)[Zirkel : 1866].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

トナル岩の関連キーワード転移温度カリ流紋岩石英安山岩石英アオライトダイオロイドカンプトン岩クォーツ多形

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone