コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トナル岩 トナルがん tonalite

1件 の用語解説(トナル岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

トナル岩

石英閃緑岩(quartz diorite)と密接に関係する粗粒な深成岩で,黒雲母と角閃石を有色鉱物として含み,長石ではアンデシンが最も多く,副成分として石英を容量比で5~10%含んでいる[vom Rath : 1864].少量の正長石がマイクロペグマタイトとして存在するが,ヨハンセン鉱物容量比による区分では,トナル岩花崗閃緑岩よりも正長石量が少ないものとしている[Johannsen : 1932].使用法は様々で,ブレガーはトナル岩は石英閃緑岩と同義としているが[Brögger : 1895],ベイリーは正長石が長石量の1/3以下のものとしている[Bailey & Maufe : 1916].SiO2に乏しい鉱物として黒雲母の量が多いが,多少の石英が含まれ,全SiO2量はかつて酸性岩と中性岩の境とされた66%よりもあまり高くない.北米では石英が20%以上のものを意味しているが,英国では石英が少量のものをいう.少量の正長石が存在するが,花崗閃緑岩におけるよりも少ない.イタリアチロル地方のトナル山(Monte Tonale)に因む.石英閃緑岩(quarts diorite)[Zirkel : 1866].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トナル岩の関連キーワード石英閃緑岩石英閃緑岩線エステレル岩アレンテサイトバナト岩ファール岩クロロファイアマルク岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone