コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビア Tobias

翻訳|Tobias

世界大百科事典 第2版の解説

トビア【Tobias】

旧約聖書外典《トビト書》中の人物。ニネベの人で,父トビトの貸金を取りたてる目的でラゲスにおもむくが,彼に同行したアザリヤは実は天使ラファエルであった。トビアはティグリス川で魚の胆汁を得,それをたずさえて旅を続ける。途中,親族ラグエルの娘サラと結婚し,その夜ラファエルの助言によって,サラを苦しめていた悪霊を退散させた。トビアは金を持ってニネベに戻り,魚の内臓によって父の眼もいやされる。西洋美術では〈トビアとトビトの別れ〉〈トビアとラファエルの旅〉〈トビアの結婚〉〈トビアの帰還〉などの場面が描かれ,なかでも旅の場面は好んでとりあげられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトビアの言及

【トビト書】より

…同じころ親族の娘サラも神に死を祈り求め,二人を救うべく天使ラファエルが遣わされる。トビトの息子トビアはラファエルに助けられてメディアの親族から父の貸金を取り戻す途中,サラと結婚し,新妻とともに帰国後,往路入手した魚の胆汁を塗って父の失明をいやす。律法,とくに,施し,同族結婚,死者の尊重が強調されている。…

【ラファエル】より

…旧約聖書外典《トビト書》にその名が記される。父トビトの眼病治療の金を求めて旅に出るトビアを助け,その旅を成就させたうえ,妻も得させた。キリスト教世界では大天使ミカエル,ガブリエルと並び称され,とくに旅人の守護者として信仰を集めた。…

※「トビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トビアの関連キーワードアイガルス カルヴィーティスリガラジオ&テレビタワーアンドリス ベルジンシュクレメラータ・バルティカワイラ ビケフレイベルガバルディス ザトレルスアンドリス ネルソンスブリギッタ クルミニャヴィリス ラーツィスエイナルス レプセビケフレイベルガバイバ スクリデエールグリュ断崖J. ライニススウェーデン門ラトビア[人]西ドビナ[川]デュナブルククールランドゴルブノフ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トビアの関連情報