トビア(英語表記)Tobias

翻訳|Tobias

世界大百科事典 第2版の解説

トビア【Tobias】

旧約聖書外典《トビト書》中の人物。ニネベの人で,父トビト貸金を取りたてる目的でラゲスにおもむくが,彼に同行したアザリヤは実は天使ラファエルであった。トビアはティグリス川で魚の胆汁を得,それをたずさえて旅を続ける。途中,親族ラグエルの娘サラと結婚し,その夜ラファエルの助言によって,サラを苦しめていた悪霊を退散させた。トビアは金を持ってニネベに戻り,魚の内臓によって父の眼もいやされる。西洋美術では〈トビアとトビトの別れ〉〈トビアとラファエルの旅〉〈トビアの結婚〉〈トビアの帰還〉などの場面が描かれ,なかでも旅の場面は好んでとりあげられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトビアの言及

【トビト書】より

…同じころ親族の娘サラも神に死を祈り求め,二人を救うべく天使ラファエルが遣わされる。トビトの息子トビアはラファエルに助けられてメディアの親族から父の貸金を取り戻す途中,サラと結婚し,新妻とともに帰国後,往路入手した魚の胆汁を塗って父の失明をいやす。律法,とくに,施し,同族結婚,死者の尊重が強調されている。…

【ラファエル】より

…旧約聖書外典《トビト書》にその名が記される。父トビトの眼病治療の金を求めて旅に出るトビアを助け,その旅を成就させたうえ,妻も得させた。キリスト教世界では大天使ミカエル,ガブリエルと並び称され,とくに旅人の守護者として信仰を集めた。…

※「トビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android