コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビア Tobias

翻訳|Tobias

1件 の用語解説(トビアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トビア【Tobias】

旧約聖書外典《トビト書》中の人物。ニネベの人で,父トビトの貸金を取りたてる目的でラゲスにおもむくが,彼に同行したアザリヤは実は天使ラファエルであった。トビアティグリス川で魚の胆汁を得,それをたずさえて旅を続ける。途中,親族ラグエルの娘サラと結婚し,その夜ラファエルの助言によって,サラを苦しめていた悪霊を退散させた。トビアは金を持ってニネベに戻り,魚の内臓によって父の眼もいやされる。西洋美術では〈トビアとトビトの別れ〉〈トビアとラファエルの旅〉〈トビアの結婚〉〈トビアの帰還〉などの場面が描かれ,なかでも旅の場面は好んでとりあげられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトビアの言及

【トビト書】より

…同じころ親族の娘サラも神に死を祈り求め,二人を救うべく天使ラファエルが遣わされる。トビトの息子トビアはラファエルに助けられてメディアの親族から父の貸金を取り戻す途中,サラと結婚し,新妻とともに帰国後,往路入手した魚の胆汁を塗って父の失明をいやす。律法,とくに,施し,同族結婚,死者の尊重が強調されている。…

【ラファエル】より

…旧約聖書外典《トビト書》にその名が記される。父トビトの眼病治療の金を求めて旅に出るトビアを助け,その旅を成就させたうえ,妻も得させた。キリスト教世界では大天使ミカエル,ガブリエルと並び称され,とくに旅人の守護者として信仰を集めた。…

※「トビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トビアの関連キーワードカインコリント人への手紙聖書バイブル外典旧約書外セムNTOT

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トビアの関連情報