コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビウオ科 トビウオかExocoetidae; flyingfishes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビウオ科
トビウオか
Exocoetidae; flyingfishes

魚類の分類,ダツ目の一科。一般に小型で,大型のものでも体長 45cmほど。体の形や構造が水面上を滑空するのに適していて,体はほぼ円筒状で細長く,消化管は短小,は大きい。胸鰭がよく発達する。尾鰭は二叉し,下葉上葉に比べ長大。滑空の際は尾鰭で水面を強く打って飛び出す。胸鰭だけが大きい 2翼型と,腹鰭も大きい 4翼型とがある。世界の温帯・熱帯の海にアカトビなど約 50種が分布し,日本近海にもトビウオなど約 30種が知られる。食用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トビウオ科の関連キーワードアリアケトビウオバショウトビウオトビウオ(飛魚)アキツトビウオサヨリトビウオツクシトビウオホソトビウオアヤトビウオアカトビウオハマトビウオ韋駄天飛魚有明飛魚マルトビ細魚飛魚筑紫飛魚サヨリ文鰩魚飛鳥魚浜飛魚止比乎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android