コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トブルク(英語表記)Tobruk

世界大百科事典 第2版の解説

トブルク【Ṭubruq】

リビア東部の地中海に面する港湾都市で,キレナイカ州デルナ県の中心地。人口9万4000(1984)。第2次世界大戦期の1941年,重要な軍事的拠点となり,42年のイギリス軍進攻まで当地はイギリス・ドイツ両軍の激戦の舞台となった。イギリスは,53年イギリス・リビア条約によってここを軍事基地として租借し,またブリティッシュ石油会社が内陸部油田開発に伴い敷設した送油パイプラインの終点,石油積出港として重要となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android