コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トポフィリア トポフィリアtopophilia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トポフィリア
topophilia

ギリシア語のトポス (場所) とフィリア (愛情) の合成語で「場所愛」と訳す。人間は自分の生れ育った土地に対する愛着をもつものであるから,盆や正月など特別の期間を自分の故郷で過ごしたいと願ったり,死ぬべき土地に生れ故郷を選んだりするのである。世界各地の民族運動の背景にも,このようなが概念が存在すると考えるとよく理解できよう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トポフィリアの関連キーワードギリシア語

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android