トマス・ウッドロウ ウィルソン(英語表記)Thomas Woodrow Wilson

20世紀西洋人名事典の解説


1856.12.28 - 1924.2.3
米国国籍。
元・米国大統領
バージニア州スタントン生まれ。
プリンストン大学,バージニア大学,ジョンズ・ホプキンズ大学に学ぶ。
プリンストン大学、バージニア大学で政治学を学び、弁護士となったが、ジョンズ・ホプキンズ大学にて博士号を取得した。1890年に母校プリンストン大学教授となり、1902年には学長地位についた。教育制度改革を手がけたが、’10年代学院設置問題で辞任したと同時に民主党に推され、ニュージャージー州知事に当選。’12年には「ニュー・フリーダム」を掲げ、第28代大統領となった。第一次世界大戦に際して、自由主義的な国際秩序の必要性を感じ、’19年ベルサイユ講和会議にて国際連盟設立を実現、同年ノーベル平和賞を受賞した。国内においては、労働問題、農民問題、婦人問題など、革新的な諸政策を行い、社会に大きな功績を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android