コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トユク石窟 トユクせっくつ

世界大百科事典 第2版の解説

トユクせっくつ【トユク石窟】

中国,新疆ウイグル自治区鄯善県にある仏教石窟寺院。中国では吐峪溝(とよくこう)と記す。北方を境する火焰山の一峡谷中にあり,カラ・ホージョ東方に位置する。1898年D.A.クレメンツ,1907年A.グリューンウェーデル,16年M.A.スタインが調査し,A.vonル・コックや大谷探検隊も調査したが,一部が知られるにすぎない。石窟ばかりでなく,断崖の空地を利用して,泥煉瓦による寺院も構築された。主堂は平天井に三角持送り構造を彩色で表現し,側室群はボールト天井を架す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android