コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トユク石窟 トユクせっくつ

1件 の用語解説(トユク石窟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トユクせっくつ【トユク石窟】

中国,新疆ウイグル自治区鄯善県にある仏教石窟寺院。中国では吐峪溝(とよくこう)と記す。北方を境する火焰山の一峡谷中にあり,カラ・ホージョ東方に位置する。1898年D.A.クレメンツ,1907年A.グリューンウェーデル,16年M.A.スタインが調査し,A.vonル・コック大谷探検隊も調査したが,一部が知られるにすぎない。石窟ばかりでなく,断崖の空地を利用して,泥煉瓦による寺院も構築された。主堂は平天井に三角持送り構造を彩色で表現し,側室群はボールト天井を架す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone