コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トユク石窟 トユクせっくつ

1件 の用語解説(トユク石窟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トユクせっくつ【トユク石窟】

中国,新疆ウイグル自治区鄯善県にある仏教石窟寺院。中国では吐峪溝(とよくこう)と記す。北方を境する火焰山の一峡谷中にあり,カラ・ホージョ東方に位置する。1898年D.A.クレメンツ,1907年A.グリューンウェーデル,16年M.A.スタインが調査し,A.vonル・コック大谷探検隊も調査したが,一部が知られるにすぎない。石窟ばかりでなく,断崖の空地を利用して,泥煉瓦による寺院も構築された。主堂は平天井に三角持送り構造を彩色で表現し,側室群はボールト天井を架す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トユク石窟の関連キーワード焉耆崑崙山脈和田回疆哈密カシュガルハミ瓜別失八里ウイグル族新疆の国境

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone