コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヨタ2000GT

1件 の用語解説(トヨタ2000GTの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

トヨタ2000GT

市街地の低速走行も、ハイウェイでの高速走行も、快適な乗心地を確保した本格的なスポーツカー。ロングノーズの均整のとれたスタイリング、6気筒ツインカム2000cc高性能エンジン、バックボーンフレーム、4輪ダブルウイッシュボーン式サスペンション、4輪ディスクブレーキ、Mg合金ホイールなど、国際水準の高性能グランツーリスモ。量産を考えず、新機構を装備し、ひたすら走行性能の向上を図り、ある程度の部品交換によりレース出場が可能なクルマ。超高速耐久トライアルにおいて、数々の世界新記録ならびに国際新記録を樹立して国産車の技術の水準を広く世界に示す。アメリカ自動車専門誌\"Road & Track\"が創刊20周年記念号に特集するなど海外でも大きな反響を呼ぶ。。(スタイル)空力学的に抵抗の少ない曲線のみで構成された低く流麗なスタイル。ヘッドランプには、我が国初のリトラクタブル方式を採用。(高速耐久性)トヨタ初のDOHC直列6気筒1988ccエンジンは150PS、フルシンクロ5段トランスミッションを装備し、高速耐久性を実現。(高速安全性)全輪独立懸架機構、リミテッドスリップデフ、我が国初の全4輪真空倍力装置付ディスクブレーキを採用。(居住性)無光沢仕上げのインストルメントパネル、高級マホガニー製で伸縮可能なハンドル、リクライニング付きでレザー張りのバスケットシートなど、人間工学的に最良の操縦性が得られるようにレイアウト保管場所トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41番100号)
製作(製造)年1967
製作者(社)トヨタ自動車工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・公開
車名トヨタ2000GT
モデル名MF10
会社名トヨタ自動車工業株式会社
製作開始年1967
協力者ヤマハ発動機株式会社
車種・用途スポーツカー
実車所在/模型トヨタ博物館
スタイルクーペ
ドア数3ドア
乗員2名
車両重量1120kg
車両総重量1230kg
エピソード・話題性日本最初の長距離レース、スズカ1000キロで総合1、2位独占。谷田部自動車試験場にて、3つの世界新記録と13の国際新記録を樹立。
構造フレーム型ボディ
バンパーあり
ステップなし
全長4175mm
全幅1600mm
全高1160mm
タイヤサイズ゙165HR15
フレームX型フレーム
前軸ダブルウィッシュボーン、ボールジョイント式
後軸全浮動式ダブルウィッシュボーン
軸距2330mm
前トレッドx後トレッド1300×1300mm
ステアリングラック&ピニオン(前後調整付)
ダンパーテレスコピックアブソーバ
スタビライザートーションバー式
特徴ホイールMg合金鋳物後:ダブルウィッシュボーン 2ジョイント付き
冷却/気筒配列水冷/直列6気筒(3M型)
弁機構DOHC
内径x行程75mm×75mm
排気量1988cc
最高出力/回転数150PS/6600rpm
最大トルク/回転数18.0kgm/5000rpm
過給機なし
燃料タンク容量60 l
特徴2LクラスのDOHCエンジンとしては日本初
ハイブリッドシステム形式なし
変速機オーバートップ付5速、後退1段
駆動方式FR
モード燃費-
その他事項前照灯:リトラクタブルヘッドランプ2灯;最低地上高:155mm;ワイパー:タンデムリンク式セルフトップ;足ブレーキ:真空サーボ油圧ディスク;圧縮比:8.4;最終減速:4.875~4.111の4段階選択(リミッテッドスリップデフ);最高速度:220km/h;燃費率:15.0km/L(55km/h定速);加速性能:ss1/4マイル 15.9;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トヨタ2000GTの関連キーワード市街地市街電車スピードウエー低速ハイウエーフリーウエー空走感フロントバンパースポイラーマリンビュー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トヨタ2000GTの関連情報