コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラウマを受けた子どもに出現しやすい症状 とらうまをうけたこどもにしゅつげんしやすいしょうじょう

1件 の用語解説(トラウマを受けた子どもに出現しやすい症状の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とらうまをうけたこどもにしゅつげんしやすいしょうじょう【トラウマを受けた子どもに出現しやすい症状】

①突然、不安になったり、興奮したりします。
②突然、現実にないようなことを言い出します。
③必要以上におびえたり、敏感すぎます。
④落ち着きがなくなったり、集中力がなくなります。
⑤表情の動きが少なく、ボーっとしています。
⑥引きこもって周りの人とかかわりがなくなります。
⑦眠りません。
⑧くり返し恐ろしい夢を見ます。
⑨著しい赤ちゃんがえりがあります。
⑩自分が悪いからこんなになったとか、あれこれ心配しすぎます。
⑪頭痛、腹痛、吐き気めまいなど、からだの症状を訴えます。
⑫からだの一部が動かなくなったり、意識がなくなって倒れたりします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

トラウマを受けた子どもに出現しやすい症状の関連キーワード喚声したり総立ち血走る手に汗を握る生唾願ったり叶ったり寝そべる牙を噛むあがり

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone