コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラックバック トラックバック

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トラックバック

ブログの機能のひとつで、ブログの記事同士を関連付ける仕組み。別のブログに掲載されている記事を引用・参照するとき、参照した相手側にその旨を通知するために使われる。トラックバックすると、相手先のブログに、自分のブログのURLや記事のタイトル、内容の要約などが送信される。相手側に送信される通知をトラックバック・ピングという。相手先のブログがトラックバックを表示している場合、自分のブログへのリンクが作成される。ブログに内容と関係ない広告などのトラックバックを機械的に送信して、読者を自分のブログに誘導する迷惑行為をトラックバック・スパムと呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

トラックバック

他のブログの記事を紹介するため、その記事を自分のブログにリンクし、リンクしたことを相手側に自動で通知する仕組みのことです。相手のブログにはトラックバックが行われた情報が自動で追加表示されます。従来のウェブサイトではリンクが一方的に張られるだけだったのに対し、トラックバックではリンクされた側に情報が伝わるため、コミュニケーションが発展しやすくなります。トラックバックを利用するには、サーバー側に情報を自動で処理する機能が必要です。本来はブログに限定されない機能ですが、最も有効に活用されているのはブログです。
⇨サーバー、ブログ、リンク

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トラック‐バック(track back)

映画・テレビなどで、カメラが被写体から遠ざかり、しだいに対象を小さく写していく移動撮影法。⇔トラックアップ
ブログの機能の一。他のブログにリンクを張ると、その情報がリンク先のブログに通知され、また、リンク先の記事の要約などが送信される仕組みになっている。TB

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ホームページ制作用語集の解説

トラックバック

ブログの中で、別のWebログへリンクを張った際に、その相手(記事)に対してリンクをはったことを通知する仕組み。

出典|(株)ネットプロホームページ制作用語集について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

トラックバック【trackback】

ブログの機能のひとつ。他のブログの記事を参照するリンク(ハイパーリンク)を作成すると、相手先のブログにリンクしたことが通知される仕組み。あわせてリンク元の記事の要約も送信され、相手先のブログに表示される。◇「TB」とも書く。略して「トラバ」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

トラックバック【track back】

映画やテレビで、被写体に対しカメラを後退移動させながら撮影すること。
インターネットのブログで、相手記事(エントリー)に対して、自分の記事へのリンクをはりつけること。また、その機能。相手記事の内容を、自分の記事で引用・言及する場合などに用いる。 TB 。 → ブログ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

トラックバックの関連キーワードSMO(マーケティング用語)トラックバックスパムblog spamインフルエンサーコメントスパムトラバスパムココログスプログ被写体

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トラックバックの関連情報