コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスデューサー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスデューサー
とらんすでゅーさー
transducer

一般的に入力信号を変換して、入力とある関係をもち、異なった形の出力信号を出す装置、あるいは素子の総称。変換器ともいう。たとえば、音声信号を電圧信号に変換するマイクロホン、温度を検出して起電力を発生する熱電対(ねつでんつい)などがその一例である。工業計測においては、重さ、長さ、流量、回転数、位相などの物理量を電気信号に変換するトランスデューサーが用いられている。[山崎修快]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トランスデューサーの関連キーワード生物学的エネルギートランスデューサー生物的エネルギートランスデューサー電子用ガラスセンシング力率計

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トランスデューサーの関連情報